mdmのオプション機能

Mdmツールの中には基本的なセキュリティ機能、デバイス管理機能の他にオプションサービスがつけられる製品もあります。例えばCLOMOと電子証明書との連携であれば、第3者による不正利用リスクを徹底排除できる機能があります。これは電子証明書の利用によって強固なスマートデバイス端末認証を実現して、なりすましの脅威を排除できます。またMCAfeeなどのアンチウイルスエンジンを採用して、ウイルス対策を完全統合できるmdm製品もあります。アプリケーションやファイル、メディアをインストールする時や、定期的にスキャンをすることでandroidなどのスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの利用を安全・安心に提供することができます。
またこのセキュリティ対策は本体メモリだけではなく、SDカード内のスキャンも行ってくれるので、ウイルス定義情報を自動更新して、最新のウイルスの脅威からスマートデバイスをしっかりと守ってくれるのです。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

スマートデバイスは紛失リスクが高くmdmが必要?!

スマートフォンや外出先でも簡単に使用することができるので日本人の多くはスマートフォンを持っているでしょう。企業でもこの便利なツールであるスマートフォンなどのスマートデバイスを導入する企業は増えています。しかしここで注意しておきたいのがスマートデバイスには紛失、盗難のリスクがつきものであるということです。スマートデバイスを企業導入した時に最初に検討するのはスマートデバイスそのものをなくすリスクになります。携帯性に優れているスマートデバイスですが、パソコンに比べると紛失、盗難のリスクは高く、紛失したスマートデビアスに企業内の企業秘密の情報が保存されてしまった場合大変です。紛失したスマートデバイスが、悪意のある第三者にデバイスの中身を盗まれてしまうと大問題です。
情報漏えいは企業にとって社会的信用、企業イメージの失墜につながり、損害賠償などの費用負担にも関わってきます。
万が一、スマートデバイスを紛失した時でもmdm機能があれば、リモートでデータを消去できるのでその点は安心でしょう。
セキュリティの安全を届けるためのmdmサービスに関して

利便性と情報セキュリティの不均衡がmdmトラブルの元

MDMシステムはスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイス端末を企業に導入して、業務利用する上では欠かせないツールになっています。そのため多くの企業ではMDMシステムを導入しているのですが、このMDMシステムを導入するためには利便性と情報セキュリティのバランスが重要になってくるのです。情報セキュリティと利便性のバランスが崩れてしまうと、BYODの多発が起きたり、端末の紛失、盗難件数の増加が起きたり、情報セキュリティコストの増大につながったりと、MDMシステムを利用することによって起こるデメリットが浮き彫りになってしまうのです。つまり利便性と情報セキュリティの不均衡を生まないようにうまくMDMを活用することが重要になってくるでしょう。
MDMシステムはMDMツールを提供するメーカーによって機能が異なってきますのでどのような機能を求めているのか?どのようなシステムを利用したいのか?でMDM選びをすることが重要になってきます。
mdmツールの基礎

不正使用を防止するためにmdmは欠かせない

学習塾や進学塾なども学校と同じ教育機関になります。塾では学校よりもいち早く、タブレット端末などのモバイルデバイスを導入した授業を積極的に行ってきました。モバイルデバイスを導入した授業を行うことで効率よく勉強をすることができ、志望校への合格率も高まると言われています。
しかし塾でモバイルデバイスを導入するにあたり課題となるのが、モバイルデバイスの管理、設定になります。特に生徒の不正使用の防止は教育機関と同じく、タブレット端末などのモバイルデバイスを導入するにあたって一番重要になる課題と言えます。そこでmdmを導入することで、独自方式で端末利用者によるmdm管理下にします。Mdm管理下におくことで、不正使用を防止する仕組みを実現することができるのです。授業の効率を上げるためにタブレット端末を導入するとメリットばかりが強調されますが、きちんとした管理のもとで使用しなければデメリットが大きくなることもあるのです。
そういった意味でmdmは欠かせないツールとなるでしょう。

動的ポリシー

業務用端末の使用において企業間での取り決め、ルールの事を主に「ポリシー」と呼ぶ。業務外での使用禁止はもちろんのこと、それはMDMにおいても制限可能であるが、使用者側に委ねる部分としてパスワードは英数を含む何桁に設定し毎週変更する、紛失した際にはスグに届け出る、など様々であるが、これらはあくまで「業務」に関する部分だ。個人用の端末を業務利用に活用するBYODを認可する場合は「ポリシー」でガチガチに固める訳にも行かないが、ただ個人用の端末内に業務用の区分を切り分けるだけでは「業務時間内の私用利用」までは管理できない。そこで用いられるのが「動的」なポリシーで、「勤務時間内」は個人用の端末であっても業務用と同等の制限を掛けるという物だ。もちろん勤務時間外や休日は個人の端末として自由に使用できるが、逆に「業務」に携わる部分には「ロック」をかけるという形だ。個人用端末の積極的な業務利用は低コストで時代の変化に対応しやすい反面、個人のプライベートを尊守する必要もあり、検討するならば、その分野に特化したMDMサービスも必要となる。企業の業務はスマホ/mdmで加速

意識共有

社用端末を持ち歩くことの有用性と危険性、その双方を良く理解した上で、MDMサービスの適応や、専門の管理職を置く。これは必然とも言える下準備であるが、その重要性を認識しているのが管理者だけという状況では意味がない。まさに氷山の一角である。その重要性は水面下の部分、端末を利用する者全員で共有し、理解する事が最も重要な部分であると言える。いかに堅牢なシステムであれ、それを扱うのが人間である限り、ヒューマンエラーの一つで簡単に瓦解する。システムがシステムとして正常に機能するには全体が一つのシステムとして個を形成する必要がある。扱う人間もまたシステムの一部である以上、認識の異なる者が居るということは、プログラムに置き換えて言うならば、それは排除すべきシステムのバグ、エラーが放置されているのと同じだ。そういう意味でもIT機器の活用に関しては統一された「ポリシー」を徹底的に理解させる必要もあるし、口頭での説明、注意だけでなく、理解力を確認する為のテストを行うくらい神経質に取り扱ってもいい問題だ。mdmに関してはこちら

セキュリティの不安を解消できるmdm

mdmはどのようなシーンで利用するのが効率的なのでしょうか?まず会社など企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入したいけれど、セキュリティに不安があるという場合、mdmは有効です。企業内でタブレットやスマートフォンを導入する場合、業務効率化が期待できるという大きなメリットがある反面、不正なアプリの利用、危険なウェブサイトの閲覧ができるなど様々なリスクにさらされてしまうというデメリットがあるのも事実です。そのようなデメリットを回避するために、mdmを利用することで、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスの紛失、盗難、不正アプリによる情報漏洩、従業員による私的な利用などのトラブルを回避することができます。社内リソース低下などのリスクを軽減することにもつながるでしょう。
モバイルデバイスを導入するにあたっては色々な準備が必要になり、mdm機能の導入も必要不可欠になってきます。
mdmを提供するメーカです。

モバイルデバイスによるセキュリティリスク

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを教育機関、企業などで使用すると効率よく仕事や学習が進みます。教育や企業のITC化が進む中、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを導入する企業、教育機関も増えてきています。モバイルデバイスの活用はたくさんの利点があるのですが、その逆として課題もいくつかあります。
まずセキュリティリスク、情報漏えいの危険性です。情報漏えいによる被害は計り知れず莫大です。一度漏えいしてしまった情報は拡散するばかりで収束させるのは非常に困難です。特にスマートフォン、タブレット、パソコンなどインターネットの普及により、情報が漏えいしてしまうと瞬く間に情報は広がってしまうでしょう。そのため社外秘の情報や顧客の情報などを厳重に管理する必要があり、モバイルデバイスを使用することによってこれらの顧客情報や社外秘情報が流出しないように未然に防ぐ必要があるのです。

mdmサービスの価格とは?

mdmはモバイルデバイスを管理するだけと考える方がいますが、それは間違いです。mdmは情報収集、データ削除などを行う時にプッシュ型の処理通知を配信する必要があるのです。mdmのメーカーはいくつもありますが、ほとんどのmdmメーカーではプッシュ型の通知にiOSデバイスを管理する時にはAppleのAPNS(Apple Push Notification Service)、Android OSの場合にはGoogleのGCM(Google Cloud Messaging)という仕組みを使っています。これらの仕組みを利用する時には外部ネットワークと接続する必要が出てきます。
つまり通知機能が利用する外部ネットワークに接続できる環境がmdm管理をする時には必要になってくるのです。
気になるmdmの価格ですが、mdmのメーカーによって価格設定は異なります。ただ管理するモバイルデバイスあたり数百円から利用できるmdmがほとんどなのでそれほど費用はかかりません。しかし導入コストは高くつくのでmdmサービスを採用する時には慎重に決めなければならないでしょう。
mdm

1台からでもmdm

mdmによる社用端末の一括管理。こう聞くと、ウチみたいな中小零細には関係ない。などとも感じてしまうかもしれない。確かに、一括管理の大きなメリットは分母が大きければ大きい程効果は高くなる。数台しか使ってない、営業は1人しかいない、そんな環境であれば、持ち帰った携帯端末の情報はPCに吸い上げて終了。ではあるが、逆に言えば扱う人間が少ない程、1人で扱う情報量は多くなる。取引先が大企業や行政という事もあるだろう。そんな大切なお客様の「情報」をうっかり置き忘れたなんて事になると最悪の場合は重篤な情報漏洩「事件」となり社が消し飛ぶかもしれない。「社用」の車が1台あったとして、たったの1台だし、注意して運転すれば事故ったりしない。任意保険は入らなくていい・・・なんて事は無いだろう。端末の運用にmdmの導入はそれと同じくらい「常識」となっている。ネットワークに繋がったPCにウイルス対策が常識、必須であるのと同じで、1台でも端末を使用するなら相応の備えは避けて通れない。むしろ中小零細であればこそ、個人情報の扱いには細心の注意を払う必要がある。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM