オムニの達人の提供をスタート

ソリマチ技研という会社があるそうですが、ここから新しいソリューションが提供スタートされたそうです。

そのソリューションの名称はオムニの達人。「実店舗からECまでを網羅する流通小売企業向けのソリューション」だそうです。

こういったツールはCRMにも多く役立てられています。顧客が購入する場所、商品、比較したもの、値段、過去の購入履歴、購入頻度、購入金額の累計、質問や不満の内容など、顧客の属性情報やその時の購入状況だけでなく、これらにまつわる全ての情報も管理できるようになるため、それぞれの顧客が次に何を望むようになるのか、ニーズの把握も可能になっていくんですよね。

顧客が次に何を欲しがるかがわかれば、商品の開発のヒント、改善にも大きくつながりますし、余計な在庫を抱えたり、無駄なコストがかからないように工夫することもできます。情報量が多ければ多いほど、分析結果も確度高くなるため、業務の改革を行う場合にもスムーズに進みそうですね。

資産管理の側面からのモバイル端末管理

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用する企業は増えています。従業員に1人1台のモバイルデバイス端末を導入するケースも多く、導入されたモバイルデバイス端末をきちんと一元管理するモバイル端末管理の重要性がささやかれています。モバイル端末管理はセキュリティの目的から導入されるケースが多いですが、資産管理という目的でも非常に重要な役目があります。
モバイルデバイス端末の資産管理の側面から考えると、スマートフォンやタブレットなどの端末種類や、androidやiOS、WindowsなどのOS種別、利用するアプリケーション種類別に管理したい!といった時に、モバイル端末管理ツール=mdmで導入しておけば、それらの資産管理の種類別での一元管理も可能になるので、効率的な管理ができるようになるでしょう。モバイルデバイス端末にはたくさんの資産が保存されています。それらの資産をしっかりと管理することでより効率的にモバイル端末を利用することができるでしょう。

スマートフォンを管理するmdmソリューション

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は私達の生活の一部になっています。プライベートで使用するのはもちろんのことですが、業務においてもモバイルデバイス端末を利用する機会は多いです。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は使い勝手の良さや、携帯性の便利さ、低コストの通信環境などが簡単に構築されれば、ビジネス活用は効率よく行えます。いつでもどこでも業務につけることもあって、外勤の多い営業マンや在宅勤務などの様々な働き方に対応できます。
モバイルデバイス端末の業務利用は、大企業だけではなく、小さいofficeにも広がりつつあります。ただモバイルデバイス端末の導入は簡単である反面、セキュリティーに対するリスクは高まってしまいます。
そこで業務で使用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を安心して使うために、モバイルデバイス端末の管理環境をmdmソリューションによって安定させることが重要になってきます。

人材不足はどこの現場でも

テレビのニュースで、海上自衛隊の幹部候補生らの取材が流れていました。幹部候補生が最初の長い実践訓練後には、1割が辞めてしまう。すべての自衛隊の隊員も、もともと入隊する人員も少ないし、辞めていく人は多い。

営業現場では、SFAなどの営業支援ツールを取り入れ、出来る限りの業務効率化を行っていますよね。なので、自衛隊においてもさらに今後の人材不足を予想し、こういったツールやシステムを導入したら良いのでは?と思ったんですが、このニュースの続きを見ていると、最先端の武器を使えるような人材にも困っているとのこと。そっか、ツールやシステムによって業務効率化、最先端の武器の操作は可能になっても、それを操ることのできる能力を持った人材が必要なんですね。

自衛隊においては、一般企業と違って命そのものが危うい時もありますし、また家族の反対も多いようでした。このような条件で入隊を希望する人が減っている・・というのは、致し方無いのかもしれませんね。

スマートフォンやタブレットのセキュリティ対策

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れており、いつでもどこでも利用できるとあって非常に便利なツールとなっています。
ビジネスにおいてもモバイルデバイス端末の活用は欠かせません。しかし便利で効率的な業務に必要となるモバイルデバイス端末ですが、セキュリティの面では不安が残ります。
携帯することによって、紛失や盗難のリスクが非常に高くなり、それに伴いスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末内の個人情報や機密情報が外部に流出してしまう恐れもあるのです。
つまりスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用するにあたってはセキュリティ対策をしっかりと考えなければなりません。
セキュリティ対策としてはmdmツールによる管理があります。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmを導入することでモバイルデバイス端末を一括管理することができます。

この時期に憂鬱になること

12月も半ば。いろいろとあわただしくなってきますね。やっと冬らしい寒さになり、クリスマス、年末の雰囲気を感じられるようになり、私もこの時期にやらないといけないことを意識しはじめました^^

デスク周りでやらなければならないこと、その一つが名刺の整理ですよね。とりあえず、その日にもらった名刺は名刺の管理ツールでデータ化する癖はついた。でも、その後の名刺はデスクやファイルに貯まったまま。とくに残しておく必要は無いけど捨てられません。でも、処分しないとどんどん貯まる。。

なので、この年末というわさわさした時期に他のデスク周りの不用品として一緒にゴミに出したりする人も多いのではないでしょうか。

今年一年の名刺は捨てられなくても、前3年など年季が入ったものに対しては、私は処分しても良い!と思うことにしています^^

CRM

教育・ビジネス向けのApple社が提供するVPPとは?

企業や教育現場などで大量のスマートフォンやタブレットを導入する場合、mdmなどの管理ツールを用いて一元管理することで効率よくモバイルデバイス端末を利用できます。管理者がきちんと管理できていない状態で、モバイルデバイス端末を利用しても、業務の効率アップにはつながらず、むしろ外部への情報流出の危険性が高まり、就業中に仕事をせずにモバイルデバイス端末を利用して業務効率の低下につながる恐れもあります。
そこで企業や教育現場では効率よく、確実にモバイルデバイス端末を一元管理するためにmdmを導入します。
さらにmdmの導入だけではなく、法人や教育機関がアプリケーションの購入や配布をするためのApple社が提供するビジネス向けのプログラムであるVPPも利用するのが一般的となっています。
VPPはApp Storeのアプリケーションを一括で購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することによって企業や学校のユーザーが業務上で利用するアプリケーションを簡単に利用することができます。

時間がかかっていたことを

分析力、というのが企業には大事だと言われています。いえ、企業だけではなくて、病院や役所にだって、今や集めた情報を分析する能力が必要なんですよね。何のためかというと、それは顧客満足度の向上のため。

企業でも病院でも役所でも、現在では顧客となる人たちの満足度を上げていかなければ、生き残ることはできません。役所でもそれは同じなんですね。生き残る・・という言い方は当てはまらなくても、市民のためのサービスを向上させていかなければ、市民は納得してくれなくなっていますからね。

この顧客満足度の向上に役に立つのがCRMです。これまで情報を分析するには、多くの時間と手間がかかっていました。その時間を全て、CRMがやってくれるんです。しかもすごく短い時間で^^しかも正確に。

幅広い情報を使い、顧客満足度を向上させるためのデータを抽出。それぞれの顧客に最適なサービスや商品の提案をし、実際に満足度を向上させることができるCRM。分析力を上げるには、人が頑張るよりもCRMの導入を行う方が早くて確度高いものとなるようです。

CRMとは

mdmソリューションベンダーによるmdm端末管理ツール

スマートフォンやタブレットを一元管理するツールであるmdm=モバイルデバイス端末管理ツールはキャリア通信会社、セキュリティベンダー、mdmソリューションベンダーなどからそのソリューションが提供されています。
mdmソリューションベンダーではスマートフォンからタブレットまでキャリアプラットフォームに依存しないマルチ端末対応を掲げている様々なモバイルデバイス端末管理ツールのサービスが展開されています。
モバイルデバイス端末ベンダーが提供するサービスには端末機能との独自連携や付加価値機能が備わったサービスが特徴的です。モバイルデバイス端末やサービスの販売をグループ企業内で完結するという利点があります。mdmソリューションベンダーから提供されるmdmツールでモバイル端末管理を行うことで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した時のキッティング作用の負荷を軽減するメリットがあります。

本当に活用できてる?

SFAの良いところはたくさんありますが、その一つに自分の営業そのものを振り返ることができる、ということが挙げられます。

ただ、この便利と言える機能も、使っているか使っていないか、言い方を変えると、使えているかそうでないかによって、新規顧客の獲得率も大きく変わっていると考えられます。きっとこれは、それぞれの企業によってより、営業マンそれぞれの考え方にあるかもしれませんね。

自分の営業を振り返れば、どこに勝因があったか、逆に敗因があったのか、情報を溜まっていけば自然と見えてくると言われています。でもそれは、視よう!としなければ見えないものなんですよね^^ちゃんとSFAの有効性を理解し、日報や案件情報を中身のあるものにしていこう、と思って入力をしていなければ、どこを探しても振り返りの際の有効なデータは取り出すことが出来ないからです。

会社の経営者たちは、もしかしたら営業マンたちの行動管理のためにSFAを導入するかもしれません。でも、考え方ひとつで自分にとって最良のツールにすることも、SFAはできるんですよね。