Windows 10 MobileのMDM機能

Windows 10 Mobileデバイスを使っている方は少ないと思いますが、標準のMDM(モバイルデバイス管理)機能を利用することで、IT管理者には様々なメリットがあります。例えば、Windows OSだけでなくiOSやAndroidなどといった複数OSのモバイルデバイスを統合管理できたり…Windows 10 Mobileデバイスにポリシー設定の定義や実装をしたり…この他にもメールアカウント設定やデジタル証明書管理、無線LANとVPNアクセス管理、リモートワイプなどができるという。またアプリケーション管理機能も充実しており、Windows 10のMDMクライアントは、法人向けアプリストア『Windows Store for Business』からIT管理者が直接アプリをインストールしたり、独自の業務用アプリを導入したりすることもできるという。もちろんアプリの目録管理やアンインストール、更新管理などもできますよ。これら機能のおかげで、社内のIT管理者はモバイルデバイスをどう管理するかについて適切な判断ができるようになるでしょう。https://knowledgesuite.jp

こんなメリットも

SFAのメリットには、すぐに資料の作成ができるという点があります。SFAに一度情報を入力すれば、それがそれまでの溜めていた情報にも反映されるので、作成したい資料がすぐに出来てしまうんです。

商談中に取引先から以前の案件について、あるいは類似した案件について資料が欲しい、と取引先に言われたとします。紙で日報や案件管理をしていた場合、「一度帰社し、その後資料をお送りさせていただきます。」という返事しかできませんよね。しかも、紙の資料であればどこにその資料があるのか探すところからスタートしなければいけません。時間と労力がどれだけかかってしまうのでしょう。

しかしSFAで情報の管理をしていれば、その場でタブレットを使って資料を作成したり、商談中に社内にいるスタッフに依頼してファイルを送ってもらうことも可能です。取引先も、時を待たずして欲しい資料が手に入るのですから、印象もかなり良くなりますよね^^きっとその後の商談もスムーズに運べると思います。ここにもまた、SFAを使うメリットがあるんですね。

アカウント数で料金も変わる・・・

SFAなどの営業支援システムの導入には多額の費用がかかります。SFAにおいては利用するアカウントの数で料金が変わってくるので、それなりの従業員をかかえる企業では導入、運用とずっと費用がかかり続けるんですよね。そのため、すべての従業員にSFAを使わせるのではなくて、人数を絞って利用する会社もあるとか。そうなると、情報の共有化や透明化、そして営業の効率化などSFAの本来の目的を達成できるのか・・・不透明ですよね^^

そのため、最近多く利用されているのがSFAのクラウドサービスなんですね。クラウドサービスを利用すればアカウント数に関係無く一つの企業で一つの契約という形になり、費用もそれほどかける必要が無くなるそうです。

また、クラウド型サービスでは、「実際にストレージに蓄積されたデータ量に応じて課金される」とのこと。SFAに不慣れでほとんど利用できなかった従業員の分や、退職者、休職者が急に出た場合に使わなかった分の費用を支払わずに済む、といったメリットもあるそうです。

営業支援システムSFA

クラウド型SFA『Senses』を1/3費用で新規導入できるチャンス

経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業」において、IT導入支援事業者にマツリカが採択されました。対象となるのは、クラウド型営業支援システム『Senses』。IT導入補助金を利用すれば、これを最大三分の一の費用で新規導入できるそう。Sensesは、現場の営業活動履歴を残すことにより、営業活動の見える化を実現。分析やナレッジの共有を行うことができます。スケジュールやメールとのシステム連携機能を備えているため、入力の負荷を抑えることも可能。また蓄積された営業に関するデータを有効活用するために、人工知能を使ったデータサジェスト機能や営業レポート機能なども備わっているとか。そのため案件状況の共有や提案資料の作成にも役立ち、営業業務を効率化できます。同社によると、Sensesを活用した場合、営業スタッフ1人当たりの業務時間を最大10パーセント削減できるという。14日間の無料トライアルもあるので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

あるある課題

営業マンを長くやっている人ほど、こんなことを思っているのではないでしょうか。まず、他の営業マンが行っていた商談を引き継いだ際、口頭で営業プロセスを聞いてもあまり役に立たない・・。きちんと文書化された営業プロセスがったら良いのに。とか、取引先と商談を行っている最中、別の新規の商談を持ちかけられたものの必要なファイルを持ち合わせていなかった!とか、決済をもらうためにわざわざ帰社しないといけないが、ライバル会社は帰社しなくても決済をもらっているのはなぜ??など。思い当たること、あるのでは??^^

これらすべての課題をSFAは簡単に解説してくれること、ご存じでしたか?SFAの営業日報システムを活用していれば、毎日の商談内容を営業マンは入力することになります。そうすると、急な引継ぎでも日報を確認するだけでそれまでのプロセスが明らかにできるんですね。

またリアルタイムで上司ともつながることが可能なので、外出先でファイルが必要になればメールやSNS経由でも転送は可能。決済もオンライン上で簡単にできる、というわけです。

そもそも顧客管理って

CRMサービスのことを調べていると、顧客管理という言葉が一つのキーワードとなります。顧客情報を管理するものであり、それを分析して次の営業に活かしていくことができるのがCRMですが、そもそも顧客管理とはどのような範囲のものを言うのでしょうか。

顧客管理を行う顧客情報とは、顧客となる会社の住所、業種、商材、社員数や、実際に商談を行う社員の役職や部署、これまでの営業履歴といったものを指しますが、CRMの観点から言うとこれにプラスしなければいけないものがあるんだそうです。

それが顧客との関係を良好にしかも長期的に築いていけるようにするための活動の情報。顧客に対してどのようなアプローチを最初に行い、どのような反応があったのか。また、顧客に役立つ情報をしっかりと伝えていることができているか。このような活動情報を含めたものを顧客管理と言うんだそうです。

なかなか奥が深いものですね。でも、今の営業とはこれくらい深く考えないとモノは売れないのでしょうね。

自社に最適なEMMを検討しよう

iPhoneやAndroidの管理&セキュリティ対策に欠かせないツールといえば、EMM(エンタープライズモビリティ管理)製品です。今やたくさんのベンダーからEMM製品が提供されていますよね。しかし企業が必要とする機能を効果的にすべて提供できる製品はないため、企業は自社のニーズに合った最適な製品を検討しなければいけません。EMMを検討する際に注目すべきポイントは、「MDM」「ポリシー管理」「モバイルアプリケーション開発」「バージョン管理」「統計/分析/レポート」など。例えばポリシー管理について見てみると、Microsoftが提供する『Office 365』やGoogleが提供する『G Suite』は、いずれも簡単なモバイルデバイスのポリシー管理機能を提供しています。初めてモバイルデバイスを管理する企業や利用するモバイルデバイス数が少ない企業に向いているそう。ポリシー管理は、BYOD(私物端末の業務利用)やCOPE(業務端末の私的利用)を採用している企業のニーズを満たすことが分かりますね。自社に最適なEMMを実装し、しっかりとしたセキュリティ環境を構築しましょう。それは従業員のニーズを満たすことにもつながると思います。

自分ですぐに使えるもの

機能が豊富で情報共有ができ、グループ内でリアルタイムにやりとりができるもの。このようなSFAが理想的に思えますが、案外そうでもないんですよね。

営業支援システムは営業マンが営業現場で使うもの。営業マンはすべての人がITに精通しているわけではありません。シニア世代に近い人でも大学を卒業したての人でも、ITやパソコンに詳しくない人も多いんです。そのため、営業現場ですぐに使えて、誰のサポートも要らず自分ですぐに使えるものが喜ばれているんです。

確かに機能が豊富であれば、「あんなこともこんなこともできる!分析能力だって高そう!」と、機能を使いこなせる人にとっては有効なシステムになり得るでしょう。でも、実際に現場で使う機能って最初はそんなに多くないことも。。

おすすめは、導入時には無料で使え、その後に有料版へと切り替えられるものでしょうか。無料版では機能も少ないのですが、余計なことをせずに済むので初めてのSFA導入には無料版で、すぐに使えるものが良いでしょう。

自分ですぐに使えるもの

機能が豊富で情報共有ができ、グループ内でリアルタイムにやりとりができるもの。このようなSFAが理想的に思えますが、案外そうでもないんですよね。

営業支援システムは営業マンが営業現場で使うもの。営業マンはすべての人がITに精通しているわけではありません。シニア世代に近い人でも大学を卒業したての人でも、ITやパソコンに詳しくない人も多いんです。そのため、営業現場ですぐに使えて、誰のサポートも要らず自分ですぐに使えるものが喜ばれているんです。

確かに機能が豊富であれば、「あんなこともこんなこともできる!分析能力だって高そう!」と、機能を使いこなせる人にとっては有効なシステムになり得るでしょう。でも、実際に現場で使う機能って最初はそんなに多くないことも。。

おすすめは、導入時には無料で使え、その後に有料版へと切り替えられるものでしょうか。無料版では機能も少ないのですが、余計なことをせずに済むので初めてのSFA導入には無料版で、すぐに使えるものが良いでしょう。

透明化によってどんな変化が?

SFAなど営業支援ツールを利用する企業が急激に増加中ですが、このようなツールのメリットとして透明化、そして共有化が挙げられていますよね。実際に透明化されることでどんな変化が起きるのかご存じですか?

営業プロセスや営業案件情報の透明化によって、入力をしている営業担当者だけではなくて、この人を管理しているマネージャー、同僚も営業状況を把握することができるようになります。もし、担当者が間違った方向に行きそうになったり、マネージャーとして修正を行いたい時に、すぐに担当者に連絡、修正が可能となります。

また、上げられるデータからIT技術を駆使した分析を行うことで、今までに無かったマネジメントを行うこともできるように。そして、営業担当者それぞれの営業ノウハウの共有化ができるようになり、営業担当者の営業レベルを底上げすることが可能となるわけです。

ほかの営業担当者に自分のノウハウを知られるのが嫌だ、という営業マンからの声も聞かれますが、企業レベルで考えるとやはり透明化というのは大きなメリットと言えるでしょう。

SFAソリューション