リモートワイプの必要性とは?

リモートワイプ機能はmdmの基本的な機能の1つです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業で大量のモバイルデバイス端末を導入した際に一元管理するためのソリューションになります。
そのmdmの基本機能の1つであるリモートワイプは非常に必要性が高いです。紛失、盗難時のセキュリティ対策として、必要不可欠なリモートワイプは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に保存されている内部情報、個人情報など外部へデータ流出するのを防ぐことができます。
リモートワイプのサービスを利用すれば、紛失したスマートフォン、タブレットをクラウド上の管理から、紛失したデバイス端末の位置情報を取得。さらに遠隔操作(リモート)から情報を消去する(ワイプ)ことができるのです。このリモートワイプの機能によって緊急措置対策として、モバイルデバイス端末が手元にない場合でも、データ流出を阻止する手段となります。

大きな改革も必要

社内のビジネスをより発展させ、増収増益に結び付けたければ、やはり大きな改革を断行することも必要になってくるようです。

今、営業の現場では、新システムの導入が進んでいて、いかに業務を効率化しながら、売り上げアップにつなげるのか、そんなことが繰り広げられているようです。CRMといった顧客情報管理ツールを用い、顧客情報の管理を社内で一括にし、社員すべてが情報を共有することで、今までに見えなかったものが見えるようになると言います。

名刺情報なども一緒に共有化されるシステムもありますから、本当はずっとあったのだけれど見えていなかった人脈が浮かんで来たり、顧客のニーズというものが的確に見えるようにもなってきます。

こうなると、今まで行ってきた営業の方法というものが、いかに狭い世界で行われてきたのかがよくわかると言います。今のこのような時代だからこそ、ITやAIを活用し、時代に流れに沿った営業というものを行っていきたいものですね。

顧客管理

企業のmdm導入

企業は大量のモバイルデバイス端末を導入する場合、それらの大量のモバイルデバイス端末を管理するためにmdmで一元管理するケースが多いです。
そのため多くの企業ではmdmが導入されています。
mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmを導入することで、モバイルデバイス端末の初期導入時の設定やキッティング作業などがスムーズに行えるようになります。
mdmの機能は多岐にわたり、モバイルデバイス端末の紛失、盗難時に備えた情報漏えいを防ぐセキュリティ対策や、資産管理、アプリケーションの管理などがあります。
ただ一言でmdmと言っても、企業によって追及するグローバル経営や、基盤の在り方は異なり、データをどのように管理していくかにも違いがあります。
それぞれの企業や組織が使いやすいように、最適なmdmを導入する必要があるでしょう。業績管理の精度向上、業務最適化が期待できるmdmは、そのサポートをする位置づけと考えるとよいでしょう。

アメリカ発も良いけれど

LINEが日本で大うけしたのは、韓国発のSNSであっても、日本人の感性に非常にマッチしたSNSだからと言われていますよね。ビジネスにおいてもそれは同じようで、アメリカ発のLinkedInはなかなか日本ではなじめず、活用も進んでいなかったそうです。

そこに目を付けたのが名刺の管理ツールでおなじみのSansanが提供している個人向け名刺管理ツールのEightだったそうです。

Eightは2012年からすでにサービスは始まっていましたが、2015年にSNS機能をスタートさせ、コマーシャルでもこの機能について少し触れていましたよね。

つながり、人脈が必要な営業マンにとっては、仕事でのSNSも重要。だけど遊びとしっかりと分けて管理できるため、急速にこのEightが人気となったわけですね。

改善はつづく

英単語のツール名を聞くだけで、「そんなの無理無理!」と思ってしまいませんか?営業支援ツールのSFAにしても、人が使っていると聞いたことはあっても、それを自分で使ってみよう!なんていう気持ちにはなかなかなれないものです。でも、会社全体で導入が進んでしまえば、そうも言ってられないのが現状です。

会社としては、他のツールと連携させ、人の負担を軽減して営業成績を上げたい、そう考えていますから、それに最適なSFAを導入するのもうなずけます。ただ、現場の人間としてはなるべく難しいことは避けたいですよね^^

確かに、以前のSFAは非常に使いづらかったと聞いています。アメリカからわたってきたツールですから、アメリカ人の考えのもとに作られ、日本の営業風土にも合わなかったと。しかし、月日が流れ、日本人がSFAを開発し、さらに日本人の為に使いやすく長く活用できるよう工夫されたものがたくさん出回るようになってきたんです。そのため、今では使いやすく、他のツールとの連携もしやすい、改善に改善を重ねたSFAがある、ということを知っていただきたいですね。

顧客管理

mdmソリューションの情報セキュリティ対策

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は、場所を問わずいつでもどこでも利用でき、業務にも活用できるとあって、企業で導入される事例が増えています。この時の懸念材料となるのが、モバイルデバイス端末のセキュリティ問題です。
従来の携帯電話とは異なり、スマートフォンやタブレットでは会社の機密情報や個人情報、ファイルなどたくさんの情報を取り扱い、保存した状態になります。モバイルデバイス端末から情報流出の危険性もあることから、セキュリティの観点からmdmソリューションが導入されることが多いです。
mdmソリューションは、モバイルデバイス端末の管理ツールです。
mdmは情報セキュリティ対策として、スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末の紛失、盗難に際して、情報が外部に流出しないように防止してくれます。遠隔操作でのロック設定やワイプ設定をすることで、第三者への情報流出の危険を回避できるでしょう。

営業担当者が持ち出す可能性も

以前だったら、そんなことするはずないよ!といった常識が、今では常識ではない、ということがたくさんあります。何十年も会社のために働いてきた、と思っていた営業担当者が、それまでの顧客情報をすべて持ち出して別の会社に転職してしまい、法的措置まで考えている、といったことも聞いています。でも、その営業担当者にしてみれば、毎日汗水垂らして働いて自分が得た顧客情報。それをなぜ会社に渡さないといけないの?しかも、会社は自分のために一体何をしてくれた?と、ある意味被害者的な認識さえ持っています。自分の想い、働きが報われていない、大切にされなかった、という現実もあったのかもしれません。

しかし会社側とすれば、それまで一番のベテランであり、多くの顧客情報を管理していた人物が居なくなれば、大きな損失になるわけです。営業担当者の流出も痛いですが、何より顧客情報すべてが持ち出されることは、会社全体の資産が流出してしまうことになり、これ以上の痛手は無いかもしれません。

このようなリスクに備えるため、SFAの活用が広まっているんですね。

現在のmdm市場

現在の日本国内のmdm市場は、通信キャリア各社が推奨している純正mdmをOEM提供している国内ベンダー企業が大きく提供数を伸ばしています。
しかし今後このmdm市場も変わってくると考えられており、日本国内だけにとどまらず、海外製のmdm商品も日本国内市場で拡大を続けていくでしょう。
急速に拡大しているmdm市場は100億円以上にもなっており、企業における業務用スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入拡大はとどまるtところを知りません。
mdm市場は年々急激に右肩あがりであり、企業としてモバイルデバイス端末を導入していない会社を探す方が難しくなってきています。
mdm市場の拡大の拝見にはスマートフォンの業務利用におけるセキュリティ面での不安があるからです。この不安を回避してくれるのがmdmになります。mdmをセット提供sるうマートフォンの販売形態も一般化している現状があります。

byodと会社支給のモバイルデバイス端末の違い

byodは会社が支給するモバイルデバイス端末を使った業務利用とは別に、私物で持っているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することです。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の会社支給の利用と私物利用での違いを考えると様々なことが分かります。例えば端末・通信コストに関しては、byodでは相互に負担をすることになります。デバイス購入費や通信費などは会社と従業員が分担することでコスト削減につながります。逆に会社配布のモバイルデバイス端末の場合にはデバイス端末購入費、通信費など全てを負担することになるので、コストは多くかかってしまうでしょう。
byodを円滑に活用するためにmdmソリューションの導入は欠かせません。また学習コストに関しては、byodでは従業員が使い慣れたデバイス端末を活用するので、使い方について学習する必要はありません。
逆に会社支給のものに関しては、ITリテラシーを想定した学習プランを用意する必要があるでしょう。

さらに多様化していて

CRMを使えば、ユーザーが欲しがるものの多様化にも対応できる、顧客一人一人のニーズにマッチした商品の提案や情報提供ができる、と言われていますよね。

しかし、SAPジャパンが最近催したイベントにおいては、「現在は、市場分析の対象を国単位でとらえることが難しくなり、消費者の趣向が多様化した」とあったんです。国ごとに大きな傾向がある、とか言うのではなく、もう地球人、一人一人ということになってきているんですね^^そんな多様化に対する対応力って必要なのか??とも思ってしまうんですが、やはりそれでも商売をする人たちはこだわりたいのでしょうね~。

AIなどがもっと進化すれば、きっと地球人一人一人に最適なものを提供できるようになるのかもしれません。自分が何かをネットで探そうとキーワードを入れる瞬間、事前にAIがそれを見抜いて表示してくれる・・とかね^^ちょっと怖い気もしますが、それくらいの精度を高めようと、ベンダーは必死なのでしょうね。

顧客管理