Archive for 8月, 2012

流行がもたらすスマートフォンの傾向

調査によりますとユーザーの半数以上はビジネスマン世代が利用し、年齢層別ですと25歳から44歳の層の利用者が圧倒的に多い結果となっております。欧米では端末の普及にあわせモバイルサイトを新設される企業も多くありました。モバイルサイトと言う面では世界が日本へ追いついたとも考えられます。

日本国内での携帯電話市場のデバイスの普及に合わせて、アプリ市場の成長も著しいです。現状は無料アプリ市場のほうが盛り上がりを見せているようです。生活に必要不可欠になっていますスマートフォン。ですが「気になるけどよく分からない」という考えもこれからも少なくありません。

Android端末の急速な普及率もあり、通信障害が問題となっているのはNTTドコモだけではなく携帯国内キャリア社全体に対して以降の問題点でもあると言われております。近々世界的にビジネス面やフォトシェアなどへ特定した、いろいろなライフシーンにあわせたAndroid端末が出てくるのではと言われております。
各国の中で開発途上国であるアフリカでは、携帯電話の普及が進んでいないと言われております。

通信網ではWI-FIにより相互接続での保障があり、アクセスポイントを接続することで、様々な機器と接続出来るようになりました。次世代携帯端末の流行りと言ったらアプリ。位置情報などを元にしたアプリが人気を集め最近の流行と言えます。 アプリケーションの需要も近代しましたが、スマートフォンの先駆けとなったのは2005年にウィルコム社製の機種が、始まりのキッカケでした。                            

スマホ・携帯の契約訴訟

今お使いの携帯やスマートフォンでも2年縛りで割り引着になるプランを契約中の人ってどのくらいいるんでしょうか。その2年縛りプランで最近auが敗訴した件についてお話したいと思います。この2年縛り訴訟を起こしているのはNPO法人「京都消費者契約ネットワーク」(京都)2年縛り契約を違法だとしてキャリア3社を訴えているのですが、1番始めのNTTドコモの裁判は、京都地裁が原告の請求を棄却。それなのにKDDIに対し要約すると「2年縛りは不当」という判決内容。一体どういうことなのでしょうか。解約した際に解約金(現行で一律9975円)がKDDI側の損害額(月4000円と算出)を上回ることが適切な額ではないと判断されたのが理由のようです。まぁ絶対に控訴するでしょうから今までどおりの設定でしょうが、秋にあるソフトバンクモバイル裁判も気になります。

次世代端末へ向けたケーカー争い

国外においての市場において新興メーカーや大手メーカーと異業種が参入したことから携帯端末の競争が激しくなったと考えられています。
世界でもトップを誇るサムスン電子では、2012年9月頃を予定に147カ国302人のキャリアへ、人気機種ギャラクシーS3を供給すると言われております。日本国内ではiPhone5のリリースにより、今まで SIMロックをかけ他者で使用できないようにしてきた国内キャリア社の独占は崩れ価格やサービス競争が始まると考えられています。
スマートフォン ランキング
生活に役立つ機能を兼ね備えたアンドロイド携帯ですが、セキュリティー面では暗所番号ロックの重要性が問題視されています。
韓国で注目の、Samsung電子やLG電子、サイバーバンクといった有名企業が人気がある機種のようです。無料通信のひとつでもあるskypeは、コミュニケーションのツールとしてかなりの人気を受けアンドロイド搭載利用者の流行になりました。

近年、低コストで購入出来る特徴もあり国内のパソコン出荷台数をはるかに上回る市場が予想されております。
日本国内での携帯端末のOS別シェアでは2011年末時点の調査において、iOSをおさえAndroidがシェア首位となっています。スマートフォンの普及により通信面でも発展が進んでおり、現在では利用者が増加しましたが無LANが商品化できた当初は一般普及へは非常に問題があったとされています。
次世代端末のユーザーは3年間で3パーセントから36パーセントへ急増し、男女10代層の利用率が大幅にアップしております。