Archive for 11月, 2012

「新しい」の在り方

女房と畳は新しい方が良いというけど、そういう感覚の方が担当だったのか、iPadは「新しい」ことを強調したがるようです。
「新しいiPad」が出て1年も待たずに「新しいiPad」が出ると告白されたのは、「新しい彼女」を紹介れた翌日に「新しい彼女」として違う女性を紹介されたような勢い。
新しかったものを古くなったと感じていないのに、「それはもう古くなった」と言われたに等しい。
どんどんと新しいものを生み出す人にとっては「新しい」とアピールしたいのだろうけど、お金を払う側としては、せっかく買ったものを否定されたような気分にされるネーミングは避けて欲しいものだ。
印象的に語るには適した表現とはおもうが、同じものを使い回すのはどうかとおもうし、それだったらiPadではなく、「新しいiPad」が商品名としておいた方が良いのかもしれないですね。

日本製品は販売縮小

アップルやサムスンと言った海外のスマホメーカーは、今や世界のスマホ市場を席巻していますが、日本のメーカーは撤退や販売目標の下方修正など悲しいニュースが多いようですね。家電メーカーは、アメリカの不況、中国の政情不安や景気減退などにより、国内でも苦しいのに海外でも良くない状況にあります。そんな中、スマホ市場は大きな賑わいを見せているのに、日本のメーカーの名前は一つも挙がっていないんですよね~。今回読んだモバイルニュースでは、NECが通期の販売目標を下げ、「海外販売が不振に陥っている」と言っているそうです。また、スマホには高機能カメラが付いているものが当たり前となってきているので、カメラメーカーも落ち気味、そしてゲームも本格的に遊べるのでゲームメーカーも落ち気味と、これまでその道でトップを走っていた日本のメーカーは軒並み販売目標を下げるハメになったようです。ホント、寂しい記事でした。

マイナビニュースで人気機種を調査

モバイル関連ニュースを見ていますと、よくマイナビニュースに出会います。今回もこのマイナビニュースが行った調査の結果が出ていました。この調査とは、この冬、そして来春に出るソフトバンクの新機種に関するもので、現在のソフトバンクのユーザーが興味を示した機種をランキングしたものです。総人数は259人。その中でも最も人気があったのが、「AQUOS PHONE Xx 203SH」で、シャープ製の機種だったそうです。人数としては45人、17.4%の人が一番興味を持つ機種として選んだそうです。その理由としては、やはり液晶画面の美しさと画面の大きさ。確か、他のモバイルニュースでも同じような調査結果を見たのですが、その時もやはりシャープ製の機種が一番人気でしたね。理由も全く同じでした。次に人気だったのが「HONEY BEE 201K」で、京セラ製、人数は28人で10.8%の人が興味を持ったということです。次は富士通の「ARROWS A 201F」と続いていました。
関連タグ MDM

レシピみながら料理には便利なのかな?

iPadを冷蔵庫に貼り付けられるケースカバーってことは、クックパッドとかで料理をする人にってことかな?
数種類出ているようだが、クックパッドを見ながら料理する人には便利となるのだろうな。
ただ、私はちょっと怖い気がする。
冷蔵庫の開閉も料理中にはするだろうし、振動によって落下しないかとか、故障の原因にならないだろうかとか、物を当ててしまわないかとか。
まぁ、いずれも普段の生活の中でも生じてしまうようなことなので、冷蔵庫に貼ったときだけに心配する事でもないし、普段から気をつけていられれば問題はないのだけどね。
私はレシピ見ながら作るのも結構大変なんだけど、レシピを見ながら作るのに慣れている人なら、「余計に便利!」となるのだろうな。
ただ、ここまでお金を出してやるのかが疑問。
料理するのって主婦の人が多いから、家計の都合上、購入は断念ってことも多そうだな。