Archive for 9月, 2014

GPS営業管理で顧客データを把握

営業管理で顧客データを管理するのが当たり前の時代です。最近はスマートフォンを利用した管理ツールが多く、GPS営業管理の機能と一緒になっているものも多いでしょう。GPSの情報をうまく活用しつつ、顧客のデータを蓄積していくと、効果が着実に上っていきます。その際、情報の種類に注目すると、顧客を管理するためのファイルに加えて、進捗管理のためのファイルも必要になってきます。進捗管理というのは、簡単に言えば今後の計画です。個別のお客さんごとの情報ではなく、時間軸で見て自分が今後どのような活動をしていけばいいかを記入していきます。この場合、複数のお客さんの情報をまとめて記入することになるので、情報を効率よくまとめる力が必要になってきます。GPS情報を加えていけば、距離の近い顧客もわかり、まとめて訪問する際、開いた時間に訪問する際などに便利になります。

ルート営業の改善策

ルート営業の改善策を見ていくと、例えばルート営業専門の営業マンの行動を見ていくと、自分にとって行きやすい顧客ばかりを相手にしてしまうところがあります。基本は偏りなく、いろいろな可能性を考えて顧客周りをすべきなのですが、ついつい自分の都合が介入してしまうということです。そしてここで問題視すべきは、商談回数と結果の関係です。商談回数が多いのに結果が出ていないなど、非効率な営業をしている場合は要注意です。このような目に見えない問題点を解消するには、データを使って自分の営業活動を目視できるようにすることが大切です。コンピューターで営業活動の日々の情報を蓄積していき、定期的にそれを確認するだけです。これによって定期的に活動を客観視することができ、問題点を意識することができます。ルート営業にこそ、このような営業の効率化のチェックが重要になってくるというわけです。

ルート営業でも日報活用

ルート営業でも日報を活用すると、営業の効果は高まります。例えば営業日報でも、スマートフォンを利用した最新のツールならば、作成の手間も少なくなります。例えば営業の合間の移動時間を利用して、短い時間で日報、あるいは報告書を作成してみてはどうでしょう。これは残業が減るといった効果もあり、営業マンはもちろん、営業部門、組織にとってもメリットが非常に多いです。また、最新の営業日報ツールならば、スマホやタブレットを使って利用できます。これによって、ワンタッチで簡単に報告ができるので、無駄な手間や時間、イライラすることもありません。その他、コンピューターを利用したツールのメリットとして、いろいろな情報が自動でまとまり、スケジュール管理も簡単にできるということがあります。ルート営業でも是非とも活用し、効率をどんどん高めていくといいでしょう。

GPS 営業管理でできること

GPS営業管理でできることはどういったものがあるでしょうか。まず考えられるのは、営業マンの行動管理です。営業マンがどのようなルートを毎日たどっているか、現時点でどこで何をしているかを、細かく把握することができます。これは主に、組織の活動の効率化が目的です。しかし、これ意外にもいろいろな意味があります。例えば、営業マンの位置情報を、スマートフォンなどの機器を通して地図上で確認できることで、急な用事への対応力が生まれます。具体的には、顧客からの急な要請への対応です。要請があった時点で、顧客に最も近い場所にいる営業マンを確認し、そのまま電話をして対応をしてもらうといった使い方です。このような迅速な対応は、これまでの営業活動では、いちいち個々の営業マンに連絡をして、手間と時間がかかるものでした。そのロスが無くなり、営業の効率が高まるというわけです。

円形のスマートウォッチ発売に

アメリカグーグルの傘下にあるモトローラ社から、Androidウェアを搭載するスマートウォッチが発表されるそうです。これまで私が見てきたスマートウォッチはみな四角のフェイスで、ちょっとゴツいメージでした。でもこちらモトローラのスマートウォッチは、円形の・・というかね、普通の腕時計と何ら変わらない形状というか見かけをしているんです^^画面となる部分は普通の時計と同じ、ベルトもステンレスっぽいものとゴム?プラスチックのような素材の2種類があり、どちらもスマートウォッチには見えません。来月9月にはAppleのiPhone 6やサムスンのGALAXY Note 4など世界のシェアを2分するスマホが発表されます。発表が行われれば多くの報道も行われ注目度も上がるでしょう。相当熱い9月になりそうですね^^

GPS 営業管理の極意

GPSでの営業管理について、その極意を見て行きましょう。GPSでの営業管理の基本は、最近ではスマートフォンの利用があります。例えば、スマホに搭載している基本機能の一つにGPSがあります。この機能を利用して、パソコンとスマートフォンをクラウドで連携させ、それによって相互の情報の共有、交換を簡単にできるようにするのです。会社にいる場合は、個々の営業マンの活動をチェックできますし、個々の営業マンからすれば、営業活動の確認、報告といった作業をスマートフォンで完結できます。従業員の位置の確認、個別の訪問先の確認といったことがあります。また、すでに訪問先を回った人には、新たな訪問先を紹介。訪問と未訪問を色分けして表示など、便利な機能が盛り沢山です。GPS営業管理はこのように便利な機能を簡単に利用できるので、今日からでも早速使ってみましょう。
(*1)ソリューションの情報はこちら

毎日の営業日報

毎日の営業日報はどのように活用しているでしょうか。通常は、上司などに報告し、そこで改善や指示を仰ぐというものでしょう。あるいは、最近ではIT化が進んでいるので、他の営業マンの営業日報を合わせて、毎回反省会を行うところもあるでしょう。このように見ていくと、営業日報は集団での活用が多くなっていることがわかります。しかし、個人にも非常に重要なツールですので、自分用にデータを保存し、いつでも見られるようにしておくことをおすすめします。営業日報は営業活動の日記のように考えましょう。その日の営業活動の内容以外にも、気になったことはどんどんメモしていきます。そして、それを定期的に読み直しましょう。それを繰り返していき、問題点や改善点を自ら発見し、営業の効率を高めていけば素晴らしいです。これをしっかり行うだけでも、営業の成績は必ず、着実に向上していくでしょう。

営業日報の新たな役割

営業日報の役割は、企業のIT化によって徐々に変わりつつあります。もともと営業日報は、上司への営業内容の報告であり、その上で改善策などを提示してもらうためのものでした。しかし、最近ではIT化によって情報をデータとして残すこと、そしてそれを共有することが増えてきています。これによって、チームで営業日報の情報を共有するようになり、データベースとしての役割が営業日報に新たに加わりつつあるのです。これは特に、大規模な組織において重要です。例えば営業マンの人数が多い所では、情報がかなりの量になり、それを整理するだけでも大変です。一方で、情報をしっかり分析するかしないかは、大規模の組織にあって大きな収益の差となります。そこでGPS営業管理など、IT技術を利用して、情報を管理することで、大きなメリットを得ることができるのです。これが新たな役割です。
営業外回りのサボリを防ぐ効果的な営業支援 ここのページを参照してください。

備えておきたいAndroidアプリ

家族や友人がいきなり倒れたら・・救急車を呼んだり応急手当をする、ということになりますが、私、救急車を呼ぶ番号を知らないんですよね。なので、調べると119番!そう^^知ってはいるけど救急車なのかパトカーなのか、お天気なのか時報なのか^^どれがどれだかわからなくなっているんですよ。イザと言う時はパニックになってしまう可能性もあり、余計に番号なんてわからなくなりそうです^^でもそんな私に最適なAndroirアプリがあったんです。それが「救命・応急手当の基礎知識forポケットメディカ」。急に起きる病気やけがの応急処置情報が載っているアプリですが、その中に「救急車の呼び方」というものがあるそうなんです。「下部メニューにある「救急車の呼び方」もぜひ読んでおきたい。救急車を呼ぶなら119番、というのは子供でも知っているが、本当に動転するとそれすら頭に出てこなくなってしまうという。」と。そうそう!!正にその通り。私だけではなかったんですね^^さらに、「この項目では具体的な受け答えについて順に説明されているため、事前に読んでおいてもためになるが、実際に呼ぶ時に身ながら作業をするにもよいだろう。「住所がわかりますか? 目印はありますか?」と聞かれてから慌てて周囲を見渡すよりも、この後目印を聞かれるのだ、と思いながら話す方が落ち着けるはずだ。」と。全くその通りですね。イザという時よりも、普段から目を通しておきたいですね。

情報過多で何を選んで良いのか分からない親御さんへ

子供が生まれると、何をさせようか、将来のために何をさせたらよいか、親は悩むところですよね。やはり、自分が「これやっておいたら良かった!」と思うのが英語のようですね~。そこで、どこの教室が良い?学習用の教材は何が良い?と始まるわけですが、今日、学習アプリに関する情報が記事としてアップされていました。そこには、4つのポイントというものが。その4つのポイントとは、「お絵かき系」「映像系」「読み聞かせ系」「音楽系」というワード。多くの英語教材をこの4つの種類に分けて考えて選択すると良いとか。例えば、小さい子供でまだ文字とかもわからない子には「お絵かき系」や「音楽系」で楽しさを。すぐに英語を話せるようにと、急いでいる家庭には^^「映像系」や「読み聞かせ系」が良いとのこと。うん、まぁそうでしょうね~。言われなくても分かる気がする例でしたが^^人気があるアプリ、ということではなくて、子供の発育、そして環境に合わせたものを選んであげること、これは英語だけでなくて他の勉強でも同じことが言えると思いますね。