営業日報の新たな役割

営業日報の役割は、企業のIT化によって徐々に変わりつつあります。もともと営業日報は、上司への営業内容の報告であり、その上で改善策などを提示してもらうためのものでした。しかし、最近ではIT化によって情報をデータとして残すこと、そしてそれを共有することが増えてきています。これによって、チームで営業日報の情報を共有するようになり、データベースとしての役割が営業日報に新たに加わりつつあるのです。これは特に、大規模な組織において重要です。例えば営業マンの人数が多い所では、情報がかなりの量になり、それを整理するだけでも大変です。一方で、情報をしっかり分析するかしないかは、大規模の組織にあって大きな収益の差となります。そこでGPS営業管理など、IT技術を利用して、情報を管理することで、大きなメリットを得ることができるのです。これが新たな役割です。
営業外回りのサボリを防ぐ効果的な営業支援 ここのページを参照してください。

Leave a Reply