GPS 営業管理でできること

GPS営業管理でできることはどういったものがあるでしょうか。まず考えられるのは、営業マンの行動管理です。営業マンがどのようなルートを毎日たどっているか、現時点でどこで何をしているかを、細かく把握することができます。これは主に、組織の活動の効率化が目的です。しかし、これ意外にもいろいろな意味があります。例えば、営業マンの位置情報を、スマートフォンなどの機器を通して地図上で確認できることで、急な用事への対応力が生まれます。具体的には、顧客からの急な要請への対応です。要請があった時点で、顧客に最も近い場所にいる営業マンを確認し、そのまま電話をして対応をしてもらうといった使い方です。このような迅速な対応は、これまでの営業活動では、いちいち個々の営業マンに連絡をして、手間と時間がかかるものでした。そのロスが無くなり、営業の効率が高まるというわけです。

Leave a Reply