ルート営業の改善策

ルート営業の改善策を見ていくと、例えばルート営業専門の営業マンの行動を見ていくと、自分にとって行きやすい顧客ばかりを相手にしてしまうところがあります。基本は偏りなく、いろいろな可能性を考えて顧客周りをすべきなのですが、ついつい自分の都合が介入してしまうということです。そしてここで問題視すべきは、商談回数と結果の関係です。商談回数が多いのに結果が出ていないなど、非効率な営業をしている場合は要注意です。このような目に見えない問題点を解消するには、データを使って自分の営業活動を目視できるようにすることが大切です。コンピューターで営業活動の日々の情報を蓄積していき、定期的にそれを確認するだけです。これによって定期的に活動を客観視することができ、問題点を意識することができます。ルート営業にこそ、このような営業の効率化のチェックが重要になってくるというわけです。

Leave a Reply