GPS営業管理で顧客データを把握

営業管理で顧客データを管理するのが当たり前の時代です。最近はスマートフォンを利用した管理ツールが多く、GPS営業管理の機能と一緒になっているものも多いでしょう。GPSの情報をうまく活用しつつ、顧客のデータを蓄積していくと、効果が着実に上っていきます。その際、情報の種類に注目すると、顧客を管理するためのファイルに加えて、進捗管理のためのファイルも必要になってきます。進捗管理というのは、簡単に言えば今後の計画です。個別のお客さんごとの情報ではなく、時間軸で見て自分が今後どのような活動をしていけばいいかを記入していきます。この場合、複数のお客さんの情報をまとめて記入することになるので、情報を効率よくまとめる力が必要になってきます。GPS情報を加えていけば、距離の近い顧客もわかり、まとめて訪問する際、開いた時間に訪問する際などに便利になります。

Leave a Reply