Archive for 3月, 2015

あれれ・・、そんなに不評

株価の急上昇の理由がVAIOとの協業であったことがわかった日本通信。法人向けのスマートフォンとしても期待されていたそうですが、ここにきてガッカリ・・という声が多く寄せられているそうです。理由は・・素人の私にはよくわかりませんが、VAIOのファン待望だったにも関わらずその大きな期待が裏切られたようなスマホに仕上がっていたそうです。どこがどう期待と違っていたのかはわかりませんが、長年日本ではソニーの技術、ブランド力が多くの人を魅了してきたことは知っています。だからこそ、パソコンで培われた技術をこのスマホに!と思う人も多かったのでしょうね。その大きな期待で遂に!と思ったスマホが、期待を裏切るような結果のものだったと。。これじゃあ、ユーザーも納得できないかもしれませんね^^実際、「VAIO側が大きく関わっているのは、ロゴやデザイン面の一部と、かなり限定的であると見られる。」とありましたので、VAIOのブランド名だけ使ったようなスマホになっているのかもしれません。いずれにせよ、今回のスマホが失敗であると悟り、次に活かす準備を早急に進めた方が良さそうですね^^

指紋認証の次に選んだのは・・

法人向けのスマートフォンでも人気の富士通が、指紋認証の次に投入するのが虹彩認証システムとのこと。虹彩・・こうさいとは目の中の輪になったシワで、これは指紋のように一人一人違っているとのこと。この虹彩を瞬時に読み取ることで、個人の認証ができるということなんだそうです。もともと富士通は生体認証の分野においては一歩先をゆく会社とのこと。そうだったんですね~^^でも、目になんらかの光を当てて認証すると、目に悪影響は出ないんでしょうかね・・。まぁ、安全性は最も富士通としても極めるところだとは思いますが、スマホのブルーライトよりも弱いLEDを30~40センチの距離から当てるんだそうです。また、コンタクトやメガネをしている人も多くいますが、カメラで撮影できる環境であればこれらのアイテムも使用していても目の状態は左右されないとのこと。ただ、今はまだ調整中ということで、販売までにはあと数ヵ月かかるようです。他に真似されない技術・・これが日本のメーカーのすごさなんですね~。

指紋認証の次に選んだのは・・

法人向けのスマートフォンでも人気の富士通が、指紋認証の次に投入するのが虹彩認証システムとのこと。虹彩・・こうさいとは目の中の輪になったシワで、これは指紋のように一人一人違っているとのこと。この虹彩を瞬時に読み取ることで、個人の認証ができるということなんだそうです。もともと富士通は生体認証の分野においては一歩先をゆく会社とのこと。そうだったんですね~^^でも、目になんらかの光を当てて認証すると、目に悪影響は出ないんでしょうかね・・。まぁ、安全性は最も富士通としても極めるところだとは思いますが、スマホのブルーライトよりも弱いLEDを30~40センチの距離から当てるんだそうです。また、コンタクトやメガネをしている人も多くいますが、カメラで撮影できる環境であればこれらのアイテムも使用していても目の状態は左右されないとのこと。ただ、今はまだ調整中ということで、販売までにはあと数ヵ月かかるようです。他に真似されない技術・・これが日本のメーカーのすごさなんですね~。

スマートフォンを導入している神奈川県川崎市上下水道局

神奈川県川崎市上下水道局は、検針員がスマートフォンを使って水道の検針業務を行っています。水道料金徴収は普通、検針員が一件一件家を回って水道メーターの数字をチェック。前月の利用量を引くことで当月の利用量を出すというやり方をしていますよね。それをもとに料金を算出していると思います。スマートフォンは従来使用していたハンディターミナルとは違い、1台で複数の機能を持たせることができます。例えば検針や料金徴収だけでも端末が異なっていた為に、いくつかの端末を管理しなければなりませんでした。スマートフォンではそうした業務をボタン一つで切り替えるだけになり、業務効率化やコストダウンを実現させたそう。また水道の検針業務は個人情報を取扱うため、セキュリティも万全にしています。スマートフォンは音声通話などの使用ができないようになっており、業務に必要な機能のみが利用可能な設定にしてあるそうです。もちろん個人情報流出がないよう、端末の紛失や盗難といった万が一の事態があったとしても大丈夫なように万全の対策が取られています。スマートフォンのおかげで水道局が変わりつつありますね。