顧客情報を活用するための方法

名刺情報に基づいた顧客管理は、顧客との関係性構築のためには必要不可欠ですよね。しかし名刺交換をしてから時間が経ってしまうと、顔と名前が一致しなくなることが多々あるもの…これではせっかく苦労して得た顧客情報を活用できなくなってしまいます。そこでオススメなのが、顧客管理システムを構築して自動化すること。システム化するには、SFAやCRMといったツールが役立ちますよ。これまで集めてきた名刺情報すべてを一元的に管理できる上に、その情報を社内で共有できるのです。これなら意外なところからつながりを見つけられたり、思わぬところから営業先を獲得できるかもしれませんよね。そして何より顧客との関係がスピーディに出来上がれば、そこに強い信頼関係が生まれます。信頼関係があるからこそ営業マンが提案するサービスや商品をご購入いただけ、企業が望む形で収益アップにつながるというわけ。また顧客管理の手間を省くことができるから、経費の節約にもなりますよ。顧客管理システムを自動化したいと考えているのであれば、SFAやCRMといったツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply