Apple Watchを仕事用デバイスとして使う理由

2015年に発売されたApple Watchを仕事用デバイスとして使っているという方はどのくらいいるでしょうか。iPhoneやiPadの補助役にすぎず、仕事で本当に使える製品なのかどうか?今でも多くの人が疑問を持っているのではないでしょうか。しかしApple Watchはビジネスユーザーにとって便利な機能がいくつか搭載されているし、数百個ものサードパーティー製アプリがすでに存在しているのです。iPhoneでお馴染みのカレンダーやメッセージングなどの標準アプリも搭載しているんですよ。例えば会議中にスマホを取り出したくない方やスマホを取り出せない現場にいる場合は、『グランス』という機能が役立つでしょう。これはApple WatchでSMSのメッセージを確認し、腕を動かすだけで返信できたり、特定のアプリを選択して情報を読みやすくすることができるのです。ポケットからスマホを取り出すことを酷く不便だと感じる方は重宝すると思います。またデバイス間で作業を引き継ぐことを可能にする『Handoff』という機能も便利。Apple Watchで何かの作業に取り掛かり、その後シームレスにiPhoneで作業を続けるといったことが可能です。上手く使いこなせばビジネスの効率を高めることができそうですね。しかもApple Watchは、iPhoneとほぼ同じ暗号化などのセキュリティ機能も備わっているという。Apple Watchの本領発揮はこれからなのかもしれません。SFA(営業支援システム)比較

Leave a Reply