時間がかかりすぎる営業日報

営業先を一日中まわりへとへとに。。だけど最後にやらないといけなのが営業日報。この営業日報を書くのに1週間でおよそ5時間。ということは、一年間では240時間。これを社内全体の人数でかけてみると・・、ものすごい時間になっているんですよね。さらには、営業日報から導き出された資料、報告書も作成しないといけないため、営業先周りにかけたい時間がかなり減らされている現実があるようです。

この無駄というかやっかいな時間を解決できるツールの1つとして注目されているのがSFA。スマホやタブレットを使って移動中などに日報を作ることができる優れものなんですね。しかも、1度入力することでそれが報告となり、案件のリスト作成、スケジュールにも勝手に反映されるため、営業マンは新たにこれらを作る必要がなくなります。上司もわざわざ時間を割いて営業マンと話さなくても、空いた時間に報告を確認、修正すべき点をそこに入力すれば、営業マンに反映されるという仕組みです。

時間と手間、かければ良い!という時代ではなくなってきたということですね。

SFA(営業支援システム)料金の特徴

Leave a Reply