アメリカ企業の評判のCRMを使ってみたけど

ある会社が、アメリカ企業のCRMを使ってみたけれど自社に合わずに無駄なコストをねん出してしまった・・と言った内容のコラムがありました。

営業の担当者がCRMの導入の際、周囲の企業の評判からアメリカ企業のものが良いだろうと判断し導入を決定したとのこと。しかし蓋を開けてみるとその使いにくさに四苦八苦したそうです。

豊富で高い機能性と引き換えに、操作が複雑で一般的なパソコンのスキルしかない従業員にとっては、顧客情報、管理の効率化どころか作業自体に時間ばかりとられる毎日だったそうです。それに、日本の会社が間に入っていたとしても、用語などは英語をカタカナに置き換えただけ。アメリカで作られたものをそっくりそのまま日本に持ってきた、そんな印象だったそうです。

そこで、日本で作られたCRMに変えてみると、試運転期間があり、用語もわかりやすく、自社に合ったカスタマイズまで出来た!と、その使いやすさにビックリされていました。

こういうことってあるんですね~。

KnowledgeSuite

Leave a Reply