再び注目度が上がる

コストがかかりすぎ、操作が難しいといった理由からCRMの利用が下火になっていた、という話しがあります。しかし最近になってまた注目度が上がってきているようなんです。

同じ業界、業種の中に多くの会社がひしめき合い、しかも少子高齢化が進む現代。以前のようなマーケティングの手法では新規の顧客獲得が非常に難しくなってきているんです。

ではどのようにしたら新規顧客の獲得が可能になるのか。多くの企業が様々な観点からマーケティングを行い、試行錯誤していますよね。そのひとつの方法としてCRMの注目度も上がってきているわけです。

CRMの考え方は、新規顧客獲得というよりもすでにいる顧客を大事に考えること。わざわざ新しい顧客を探すための広告費、宣伝費、マーケティング費用を必要とせず、今抱えている顧客や休眠顧客と呼ばれる層の人たちに、効果的にアプローチを行い、優良顧客へと育成していこうという考えなんです。

また、中小企業向けに、コストがあまりかからず規模の小さい手軽なCRMが出てきていることも、再注目される理由の一つでもあるようです。

Leave a Reply