動的ポリシー

業務用端末の使用において企業間での取り決め、ルールの事を主に「ポリシー」と呼ぶ。業務外での使用禁止はもちろんのこと、それはMDMにおいても制限可能であるが、使用者側に委ねる部分としてパスワードは英数を含む何桁に設定し毎週変更する、紛失した際にはスグに届け出る、など様々であるが、これらはあくまで「業務」に関する部分だ。個人用の端末を業務利用に活用するBYODを認可する場合は「ポリシー」でガチガチに固める訳にも行かないが、ただ個人用の端末内に業務用の区分を切り分けるだけでは「業務時間内の私用利用」までは管理できない。そこで用いられるのが「動的」なポリシーで、「勤務時間内」は個人用の端末であっても業務用と同等の制限を掛けるという物だ。もちろん勤務時間外や休日は個人の端末として自由に使用できるが、逆に「業務」に携わる部分には「ロック」をかけるという形だ。個人用端末の積極的な業務利用は低コストで時代の変化に対応しやすい反面、個人のプライベートを尊守する必要もあり、検討するならば、その分野に特化したMDMサービスも必要となる。企業の業務はスマホ/mdmで加速

Leave a Reply