不正使用を防止するためにmdmは欠かせない

学習塾や進学塾なども学校と同じ教育機関になります。塾では学校よりもいち早く、タブレット端末などのモバイルデバイスを導入した授業を積極的に行ってきました。モバイルデバイスを導入した授業を行うことで効率よく勉強をすることができ、志望校への合格率も高まると言われています。
しかし塾でモバイルデバイスを導入するにあたり課題となるのが、モバイルデバイスの管理、設定になります。特に生徒の不正使用の防止は教育機関と同じく、タブレット端末などのモバイルデバイスを導入するにあたって一番重要になる課題と言えます。そこでmdmを導入することで、独自方式で端末利用者によるmdm管理下にします。Mdm管理下におくことで、不正使用を防止する仕組みを実現することができるのです。授業の効率を上げるためにタブレット端末を導入するとメリットばかりが強調されますが、きちんとした管理のもとで使用しなければデメリットが大きくなることもあるのです。
そういった意味でmdmは欠かせないツールとなるでしょう。

Leave a Reply