mdmのSSID接続制限設定

スマートフォンやタブレット端末を教育現場や企業で導入する場合、全てのスマートデバイス端末を一元管理しておかなければ意味がありません。この一元管理は端末の数が多ければ多いほど大変ですし、管理者の負担は増加します。そこでmdmツールによって管理を行うことで、セキュリティ設定、監視設定などを一括して行うことができます。
例えばSSID接続制限設定では、SSIDホワイトリスト指定によるWi-Fi接続先の許可設定が可能になっています。セキュリティ上で問題がある公衆Wi-Fiなどへの不正接続を防いで、外部への情報漏えいのリスクを防ぐことができます。つまり指定SSIDのWi-Fiにしか接続できないようにしているのです。
またアプリ利用違反デバイスの自動探知もmdm機能で行うことができます。ホワイトリスト、ブラックリストで利用アプリケーションの監視が可能です。違反アプリケーションのインストールに関しては自動で探知してアラートを通知することができます。参照URL

Leave a Reply