別々の導入は失敗します

SFAを社内で導入する場合、それぞれの部門や使う人たちに合ったものの方が良いため、それぞれに選別し、導入するという方法を取ってしまう企業があるそうです。

これって大きな間違いだそうですよ。SFAと一口に言っても種類はさまざま、ベンダの違いで使い方もバラバラ。そして連携が取れなければ情報は共有できない。。もし仮に連携できたとしても、つなげる際には複雑な方法を用いないといけない・・。結果、一度の入力では何もできず、あちらこちらとそれぞれのシステムに同じことを何度も入力しなければいけなくなる、こんな無駄な負担が増えてしまうんですね。

これは何もSFAだけの話ではないかもしれません。同じく営業支援ツールとして有名なCRMにしても、システム名がCRMだからと言ってそれぞれの部門で別のベンダのシステムの導入は控えるべきなんです。同じベンダで部署が違っていてもうまく横のつながりを持てるよう、そして一度の入力で既存システムにも連携できるような効率の良いSFAを優先するようにしましょう。

顧客管理

Leave a Reply