Archive for 3月, 2018

mdm管理下からの離脱を防ぐ機能とは?!

Mdmツールで一元管理をしているスマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末の中でも、不正使用をしようとするユーザーの中にはスマートデバイス端末内のmdmプロファイルを削除して管理下から離脱を試みる場合があります。
このような問題に素早く対処するためにmdmツールの中には独自のセキュリティ機能を備えている製品も多いです。Mdmプロファイルの削除防止機能では、端末利用者によるmdmプロファイルの削除を防止することができます。つまりmdm管理下からスマートデバイス端末が離脱するのを防止することができます。そのほか、SIM抜き取りや交換時に端末を強制ロックする機能などもセキュリティ対策として重要です。端末情報取得機能を実行することができるのです。またタスクキルアプリを自動探知して、自動終了させる機能もmdmによってはついています。
セキュリティ機能は充実していた方がもしもの時のために役立つでしょう。Ascent Networks MoDeM

メリット、デメリットのあるmdm

Mdmはモバイルデバイスマネージメントの略であり、月額1台300円程度で、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の一元管理をすることができます。Mdmツールでの一元管理によってスマートデバイス端末を安全に使用することができます。スマートデバイス端末は企業で使用した場合、ビジネス効率アップにつながり、最新の情報を会社にいなくても常に情報共有できるというメリットがあります。また教育機関でmdmを活用した場合、学習力の向上や生徒のやる気アップにもつながります。しかしこのような多くのメリットがある反面、mdmにはセキュリティ面の不正使用の面でデメリットも多くあります。セキュリティ面ではスマートデバイスの紛失、盗難のリスクによって第3者への個人情報や機密情報の流出が考えられます。そこで情報流出や個人の不正使用などの対策としてmdmツールを用いた管理を行っていくのです。安全面を考慮してきちんと管理してスマートデバイスは活用するべきなのです。国内のBYOD(Bring Your Own Device)の状況 – MDM Blog

客側にはどんなメリットが?

企業は、今は自社のみにメリットがあるような売り方をしていては将来が無いといわれています。かならず客側にも相応、それ以上のメリットが無いと、客はその企業から離れてしまうのです。

近頃多くの企業が取り組んでいるCRM。このツールでは顧客情報を一元管理、企業としては顧客の状況を把握しやすい、全社を上げて同じ対応ができるようになる、顧客の差別化によってそれぞれに適応した情報提供ができるようになるといったことが企業側にもたらされます。

ではCRMによって客側にはどんなメリットがあるのでしょうか。まず、問い合わせなどを行っても今までのように「こちらに電話をかけなおしてください」といったことがなくなります。まや自分が欲しい商品、潜在的に必要な商品を紹介してもらえたり、お得な情報、クーポンなどの発行といった有利な情報ももらえることが可能となります。

これだけのメリットがあれば、きっと客側も納得してくれることでしょうね^^

顧客管理