CRMをメールに活用

CRMをメールに活用することで、メールマーケティングが可能になり、売り上げもアップします。

そもそもCRMは顧客を中心として営業を考えるツールですから、顧客が何を考えているのか、どんな商品を必要としているのか、それをまずは探らなくてはいけません。そして、顧客からもらった様々な情報をデータ化し、分析してマーケティングしていくわけです。

最初にCRMにその顧客情報を登録する、これが非常に面倒で大変な作業となります。まず会社に散在している情報を集め、使うもの、そうでないものに分け、必要なもののみを登録していきます。さらに、今から入ってくる情報もその都度、データ化していかないといけません。

でも、情報がきちんと登録されることで、顧客それぞれに対して最適なメールを配信できるんですよね。すると、顧客は自分だけに送られた、特別なメールと認識し、メールの開封率、サイトへのアクセス率もアップし、これらが売り上げアップにつながるんですね。

Leave a Reply