名刺管理ツールを使って

導入前からベンダを選び、機能を選定して社内で導入、運用のための研修会を行い・・と、CRMを社内に定着させるのって、けっこうな労力と時間がかかると言われています。

会社の規模によっては、CRMまでは必要無い。でも何かしらの営業支援ツールが欲しい、と思っている場合には名刺を使ったツールが有効だと知っていますか?

名刺管理ツールって、単に名刺をデータ化するだけではないんです。ちょっとしたカスタマイズが出来たり、最初から機能として顧客をランク付け出来るんですよね。

CRMは、このランク付けがとても重要になってきます。既存顧客を主に扱うCRMですが、その既存顧客の中にも、休眠顧客、優良顧客と違いがあります。それぞれに合った再販のためのアプローチ方法があるわけで、それをピンポイントで行うには、CRMが必要と言われていたんです。でも、名刺管理ツールでランク付けまでできれば、あとは人の手でも大丈夫、という会社であれば、CRMは必要無いかもしれません。

Leave a Reply