メリットの多いbyodにも課題はある

byodはbring your own deviceの略である、私的なモバイルデバイス端末の業務利用のことを言います。社員あg個人で購入したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用しようという取り組みになります。
ここ数年で世界的にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は急激に普及しています。
1人で複数台のモバイルデバイス端末を持つことも増えてきています。
営業マンであれば、業務用のモバイルデバイスと個人用のモバイルデバイスなど、複数台のモバイルデバイス端末を持っています。
しかし個人で所有しているモバイル端末がandroidユーザーで、会社で支給されるモバイルデバイス端末はiOSになると操作が異なるので、慣れずに使いにくい…などという課題も浮き彫りになってくるでしょう。
そこでbyodを導入することで、自分の使い慣れたモバイルデバイス端末1台で、業務操作も行えるのです。
ただbyodを導入する際には、セキュリティをどう担保するのかを真剣に考えなければなりません。

Leave a Reply