Archive for 7月, 2018

異なるプラットフォームのmdm導入

mdm導入時に気になるのは、スマートフォンやタブレットなどの機種が違ったり、OSのプラットフォームが異なった時に、mdmで一括して管理ができるのか?という点です。
全てのモバイルデバイス端末が同機種、同じプラットフォームということはありません。mdmツールでは、マルチデバイスに対応しているので、別の機種、別のプラットフォームであっても円滑に管理を一元化することが可能です。
androidでの端末管理は、androidOSがサポートしているmdmの管理機能だけではなく、端末メーカー独自の管理機能も用意されています。またMicrosoftのWindowsでは、Windows8以前では管理できる機能が少ないのですが、Windows10からは管理できる機能が増えています。mdmサービスによっては、異なるOSのデバイスを一元管理できるものもあります。ただ異なるOSのデバイスを管理する場合でも利用できる機能はOSによって異なります。

byodソリューションについて

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、業務でこれらのモバイルデバイス端末を導入するケースが増えています。
その中でも個人所有のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の活用=byodが大きな関心を集めています。従業員が所有しているモバイルデバイス端末を企業の業務に統合し、それらを活用しようというのがbyodソリューションのシナリオになります。
ただ活用されるべきモバイルデバイス端末が企業の管理下にない場合、セキュリティの脅威に対して脆弱なためbyodを導入する場合、重大なセキュリティ上の懸念事項が生じてくるのです。
現在の市場には数多くのbyodセキュリティソリューションが存在していますが、それらの多くのセキュリティの脅威に対し脆弱であるか、モバイルデバイス端末に搭載されているOSの修正を必要としています。
byodを導入する場合には、通常のモバイルデバイス端末導入時と同様に、企業でモバイルデバイス端末の一元管理が必要となります。

導入事例が増えているモバイルデバイス端末の業務利用とmdm

mdmを導入する企業の事例は年々増えています。今や1人に1台あることが一般的になっているモバイルデバイス端末ですが、企業や教育機関においても、生徒1人、社員1人にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を配布する事例は増えています。
パソコンとiPadなどのモバイルデバイス端末を一元管理することでより業務の効率化を図ることができます。大量のモバイルデバイス端末を導入する上でmdmは欠かせない、安全管理ツールの1つです。mdmを導入することで大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のインストールアプリの安全性を強化し、クラウド管理による運用者は場所を問わず管理が可能になります。
mdmツールでモバイルデバイス端末を一元管理すれば、社外持ち出しのパソコンや海外のパソコンまでも管理することができます。今後さらにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する企業は増えてくるはずですし、導入事例によって様々な使い分けやケースが考えられるでしょう。