導入事例が増えているモバイルデバイス端末の業務利用とmdm

mdmを導入する企業の事例は年々増えています。今や1人に1台あることが一般的になっているモバイルデバイス端末ですが、企業や教育機関においても、生徒1人、社員1人にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を配布する事例は増えています。
パソコンとiPadなどのモバイルデバイス端末を一元管理することでより業務の効率化を図ることができます。大量のモバイルデバイス端末を導入する上でmdmは欠かせない、安全管理ツールの1つです。mdmを導入することで大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のインストールアプリの安全性を強化し、クラウド管理による運用者は場所を問わず管理が可能になります。
mdmツールでモバイルデバイス端末を一元管理すれば、社外持ち出しのパソコンや海外のパソコンまでも管理することができます。今後さらにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する企業は増えてくるはずですし、導入事例によって様々な使い分けやケースが考えられるでしょう。

Leave a Reply