mdmとは、その定義は?

mdmとはmobile Device Managementの略であり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理ツールになります。
mdmとはモバイルデバイス端末を業務で使用する時に必要となるセキュリティやアプリケーションの配布、ファイルの同期、デバイス端末ポリシーなどを統合的に管理することがでいるソリューションになります。
今あるデータをもっと有効活用したい、多様化するニーズにすぐに対応できるシステムにしたい、複数のシステムを統合しなければならない…などシステムに関する課題を解決することができるツールこそがmdmなのです。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際に、mdmも同時に導入することで統合された単一の管理者用コンソールのもとで、多様なモバイルデバイス端末をシンプルにかつ一元的に管理することができます。会社でモバイルデバイス端末を導入する時にmdmはかかせません。

Leave a Reply