様々な期待ができるmdm

クラウドサービス型のmdmは非常に人気があり、便利で使いやすいです。クラウド型のmdmであれば初期導入にも費用がかかりません。パソコンやスマートフォン・タブレットなどのモバイルデバイス端末など利用する機器以外は全て必要なシステムをクラウドで提供することができるので運用や導入が非常にスムーズです。
以前のmdmは主に情報システム部門でモバイルデバイス端末を一元管理するために使用されてきました。しかし大企業においては拠点が分散しており、多岐にわたる管理設定、異なるアプリの配信、配布などをしなければなりません。
そこで管理単位ごとに管理設定やアプリ配布をすることができる機能が搭載されたmdmが人気を集めています。また操作内容を限定する機能なども提供されています。
また位置情報を活用した営業業務管理機能連携などの新しいタイプのmdmも増えてきています。
そのため、よりきめ細かいmdmによる管理が可能になっていますし、利用者のプライバシーを保護できる機能が必要になっているのです。

Leave a Reply