セキュリティと利便性のバランスが課題となるbyod

byodは自分が所有する個人のモバイルデバイス端末を業務にも使用することを言います。このbyodは課題が多い反面、たくさんのメリットがあるため、日本企業においてもbyod導入を決める企業が増えてきています。
byodのメリットは、業務効率を向上させることができるという点です。場所に縛られることなく、外出先でもいつでもどこでも仕事を進めることができます。また各自が生産性があがる場所で仕事をすることもできますし、自宅に帰ってから、お休みの日に仕事をすすめることもできるでしょう。
さらに企業にとっては、企業が支給するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が必要なくなるため、大幅なコストカットにつながります。この点はおおきなメリットとなるでしょう。
ただその反面、安全性と利便性のバランスを保たなければいけないという課題が見えてきます。個人の所有するモバイルデバイス端末を業務で使用する場合、どのようにしてセキュリティを確保していくか?という点は一番の課題となります。

Leave a Reply