企業にメリットをもたらすbyodとは?

byodとは従業員が個人の所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を職場に持ち込んで、それを業務に使用することを言います。
従来であれば、従業員が業務で使用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は全て会社によって支給されるのが一般的でした。しかし海外では以前からbyodが普及しており、
日本国内においてもbyodの導入を実施する企業が急増しています。導入時のコストを大幅に削減できるbyodは、これからスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用していこう、導入していこうとしている企業におすすめの方法と言えるでしょう。
ただbyodを導入する時には、モバイルデバイス端末の管理は徹底する必要があります。モバイルデバイス端末管理ツールとしてbyodに対応しているmdmやmcm、mamを利用するとよいでしょう。セキュリティ対策、資産管理に有効です。

Leave a Reply