本格的な導入の前には試験的な運用を

名刺の管理ツールを導入する前には、一度試験的な運用をすることをおすすめします。名刺管理をデジタルで行うことで、名刺の検索はすぐに簡単にできますし、人脈も透明化、共有化できるので、新規顧客獲得や既存顧客へのフォローも的確に行うことが可能となります。

ただ、どんなシステム、ツールにも相性があります。運用する人が使い勝手が良いか悪いか、また欲しい機能があり、自社とのシステムとの連携ができるのか、長く運用できるものか、そして何より信頼できる名刺管理ツールなのか、これらを運用前にチェックしないと、後から大変なことになってしまいます。

試験的な運用ができるベンダを選び、実際のコストが具体的にどれくらいかかるのかを事前に調べ、検討をしてみてください。

Leave a Reply