ドラマでPDCA

あるドラマを観ていたら、CRMの活用の際に良く聞くPDCAという言葉が出てきました。主人公となる女性は、以前はバリバリと仕事をこなすビジネスウーマンで、感情より理性、理論ですべてのことを考え構築し、実行する人。なので、常にPDCAを回して自分を効率良く動かしているようです。

新しい仕事でもそれを回せることで、あらたな方向性を見出したようで、PDCAについて調べてみると、それはビジネスの世界だけではなくて、教育や人間関係においても、重要であると書かれていました。

確かに、感情だけで人間動いていれば、必ずぶつかり合うし、ビジネスもまともには回らないでしょう。計画を立てて実行してみる。その結果が悪ければ改善し、また新しく計画を立てる。試行錯誤をしながら成長していくことが大事なんですね。

この女性も、感情よりも理性によって成長してきたものの、やはり自然とPDCAを回すクセが付いていて、それによって私生活の方も少しずつ改善されているようです^^

GRIDY名刺CRM

Leave a Reply