byodと会社支給のモバイルデバイス端末の違い

byodは会社が支給するモバイルデバイス端末を使った業務利用とは別に、私物で持っているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することです。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の会社支給の利用と私物利用での違いを考えると様々なことが分かります。例えば端末・通信コストに関しては、byodでは相互に負担をすることになります。デバイス購入費や通信費などは会社と従業員が分担することでコスト削減につながります。逆に会社配布のモバイルデバイス端末の場合にはデバイス端末購入費、通信費など全てを負担することになるので、コストは多くかかってしまうでしょう。
byodを円滑に活用するためにmdmソリューションの導入は欠かせません。また学習コストに関しては、byodでは従業員が使い慣れたデバイス端末を活用するので、使い方について学習する必要はありません。
逆に会社支給のものに関しては、ITリテラシーを想定した学習プランを用意する必要があるでしょう。

Leave a Reply