Archive for 1月, 2019

リモートワイプの必要性とは?

リモートワイプ機能はmdmの基本的な機能の1つです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業で大量のモバイルデバイス端末を導入した際に一元管理するためのソリューションになります。
そのmdmの基本機能の1つであるリモートワイプは非常に必要性が高いです。紛失、盗難時のセキュリティ対策として、必要不可欠なリモートワイプは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に保存されている内部情報、個人情報など外部へデータ流出するのを防ぐことができます。
リモートワイプのサービスを利用すれば、紛失したスマートフォン、タブレットをクラウド上の管理から、紛失したデバイス端末の位置情報を取得。さらに遠隔操作(リモート)から情報を消去する(ワイプ)ことができるのです。このリモートワイプの機能によって緊急措置対策として、モバイルデバイス端末が手元にない場合でも、データ流出を阻止する手段となります。

大きな改革も必要

社内のビジネスをより発展させ、増収増益に結び付けたければ、やはり大きな改革を断行することも必要になってくるようです。

今、営業の現場では、新システムの導入が進んでいて、いかに業務を効率化しながら、売り上げアップにつなげるのか、そんなことが繰り広げられているようです。CRMといった顧客情報管理ツールを用い、顧客情報の管理を社内で一括にし、社員すべてが情報を共有することで、今までに見えなかったものが見えるようになると言います。

名刺情報なども一緒に共有化されるシステムもありますから、本当はずっとあったのだけれど見えていなかった人脈が浮かんで来たり、顧客のニーズというものが的確に見えるようにもなってきます。

こうなると、今まで行ってきた営業の方法というものが、いかに狭い世界で行われてきたのかがよくわかると言います。今のこのような時代だからこそ、ITやAIを活用し、時代に流れに沿った営業というものを行っていきたいものですね。

顧客管理

企業のmdm導入

企業は大量のモバイルデバイス端末を導入する場合、それらの大量のモバイルデバイス端末を管理するためにmdmで一元管理するケースが多いです。
そのため多くの企業ではmdmが導入されています。
mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、mdmを導入することで、モバイルデバイス端末の初期導入時の設定やキッティング作業などがスムーズに行えるようになります。
mdmの機能は多岐にわたり、モバイルデバイス端末の紛失、盗難時に備えた情報漏えいを防ぐセキュリティ対策や、資産管理、アプリケーションの管理などがあります。
ただ一言でmdmと言っても、企業によって追及するグローバル経営や、基盤の在り方は異なり、データをどのように管理していくかにも違いがあります。
それぞれの企業や組織が使いやすいように、最適なmdmを導入する必要があるでしょう。業績管理の精度向上、業務最適化が期待できるmdmは、そのサポートをする位置づけと考えるとよいでしょう。