リモートワイプの必要性とは?

リモートワイプ機能はmdmの基本的な機能の1つです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業で大量のモバイルデバイス端末を導入した際に一元管理するためのソリューションになります。
そのmdmの基本機能の1つであるリモートワイプは非常に必要性が高いです。紛失、盗難時のセキュリティ対策として、必要不可欠なリモートワイプは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に保存されている内部情報、個人情報など外部へデータ流出するのを防ぐことができます。
リモートワイプのサービスを利用すれば、紛失したスマートフォン、タブレットをクラウド上の管理から、紛失したデバイス端末の位置情報を取得。さらに遠隔操作(リモート)から情報を消去する(ワイプ)ことができるのです。このリモートワイプの機能によって緊急措置対策として、モバイルデバイス端末が手元にない場合でも、データ流出を阻止する手段となります。

Leave a Reply