byod導入事例でのデメリット

byod導入事例は増えているものの、デメリットやリスクを懸念してbyodの導入に踏み切れない企業が多いのも事実です。
効率的にそして安全にbyodを導入するためにbyodのデメリットをきちんと理解しておく必要があるでしょう。
byodのデメリットはいくつかありますが、その1つがサービス残業や長時間労働の温床になる可能性があるということです。
柔軟な働き方ができるツールとしてbyodは大きなメリットとなりますが、どこまで仕事で、どこまでプライベートなのかの線引きが難しくなってしまうのでその点は問題点となりやすいです。
byodを企業で導入する場合にはそれぞれの会社の実態に合った形で、byodにおける労働時間を管理するためのルールの整備を行っていかなければなりません。byodは今後さらにその導入事例は増えていくということが予想されています。byod対応のmdmツールも増えているので効率よくモバイルデバイス端末を導入するためには、byod対応のmdmを導入する必要があります。

Leave a Reply