教育・ビジネス向けのApple社が提供するVPPとは?

企業や教育現場などで大量のスマートフォンやタブレットを導入する場合、mdmなどの管理ツールを用いて一元管理することで効率よくモバイルデバイス端末を利用できます。管理者がきちんと管理できていない状態で、モバイルデバイス端末を利用しても、業務の効率アップにはつながらず、むしろ外部への情報流出の危険性が高まり、就業中に仕事をせずにモバイルデバイス端末を利用して業務効率の低下につながる恐れもあります。
そこで企業や教育現場では効率よく、確実にモバイルデバイス端末を一元管理するためにmdmを導入します。
さらにmdmの導入だけではなく、法人や教育機関がアプリケーションの購入や配布をするためのApple社が提供するビジネス向けのプログラムであるVPPも利用するのが一般的となっています。
VPPはApp Storeのアプリケーションを一括で購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することによって企業や学校のユーザーが業務上で利用するアプリケーションを簡単に利用することができます。

Leave a Reply