VPPアプリの配布

MDMとVPPの管理配布機能を使うことで、企業内でまとめて購入した場合のiOSのアプリケーションを従業員や生徒にライセンスを与えて、そのまま配布することができます。
以前であれば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末1台1台にアプリケーションをインストールさせる必要がありましたが、この作業は非常に時間がかかります。
しかしVPPサービスを用いれば、大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末においても一括してアプリケーションの配布、管理を行うことが可能なのです。また配布したアプリケーション、ライセンスは従業員が退職した時には回収して、別の従業員に新たに割り当てることもできるので無駄がありません。もう1度購入する必要もないので、企業として経費削減にもつながるでしょう。
MDMの管理者を介してVPPアプリケーションを配布するまでの操作も非常に簡単なので、難しいことはありません。

Leave a Reply