Archive for the ‘未分類’ Category

意識共有

社用端末を持ち歩くことの有用性と危険性、その双方を良く理解した上で、MDMサービスの適応や、専門の管理職を置く。これは必然とも言える下準備であるが、その重要性を認識しているのが管理者だけという状況では意味がない。まさに氷山の一角である。その重要性は水面下の部分、端末を利用する者全員で共有し、理解する事が最も重要な部分であると言える。いかに堅牢なシステムであれ、それを扱うのが人間である限り、ヒューマンエラーの一つで簡単に瓦解する。システムがシステムとして正常に機能するには全体が一つのシステムとして個を形成する必要がある。扱う人間もまたシステムの一部である以上、認識の異なる者が居るということは、プログラムに置き換えて言うならば、それは排除すべきシステムのバグ、エラーが放置されているのと同じだ。そういう意味でもIT機器の活用に関しては統一された「ポリシー」を徹底的に理解させる必要もあるし、口頭での説明、注意だけでなく、理解力を確認する為のテストを行うくらい神経質に取り扱ってもいい問題だ。mdmに関してはこちら

セキュリティの不安を解消できるmdm

mdmはどのようなシーンで利用するのが効率的なのでしょうか?まず会社など企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入したいけれど、セキュリティに不安があるという場合、mdmは有効です。企業内でタブレットやスマートフォンを導入する場合、業務効率化が期待できるという大きなメリットがある反面、不正なアプリの利用、危険なウェブサイトの閲覧ができるなど様々なリスクにさらされてしまうというデメリットがあるのも事実です。そのようなデメリットを回避するために、mdmを利用することで、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスの紛失、盗難、不正アプリによる情報漏洩、従業員による私的な利用などのトラブルを回避することができます。社内リソース低下などのリスクを軽減することにもつながるでしょう。
モバイルデバイスを導入するにあたっては色々な準備が必要になり、mdm機能の導入も必要不可欠になってきます。
mdmを提供するメーカです。

モバイルデバイスによるセキュリティリスク

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを教育機関、企業などで使用すると効率よく仕事や学習が進みます。教育や企業のITC化が進む中、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを導入する企業、教育機関も増えてきています。モバイルデバイスの活用はたくさんの利点があるのですが、その逆として課題もいくつかあります。
まずセキュリティリスク、情報漏えいの危険性です。情報漏えいによる被害は計り知れず莫大です。一度漏えいしてしまった情報は拡散するばかりで収束させるのは非常に困難です。特にスマートフォン、タブレット、パソコンなどインターネットの普及により、情報が漏えいしてしまうと瞬く間に情報は広がってしまうでしょう。そのため社外秘の情報や顧客の情報などを厳重に管理する必要があり、モバイルデバイスを使用することによってこれらの顧客情報や社外秘情報が流出しないように未然に防ぐ必要があるのです。

mdmサービスの価格とは?

mdmはモバイルデバイスを管理するだけと考える方がいますが、それは間違いです。mdmは情報収集、データ削除などを行う時にプッシュ型の処理通知を配信する必要があるのです。mdmのメーカーはいくつもありますが、ほとんどのmdmメーカーではプッシュ型の通知にiOSデバイスを管理する時にはAppleのAPNS(Apple Push Notification Service)、Android OSの場合にはGoogleのGCM(Google Cloud Messaging)という仕組みを使っています。これらの仕組みを利用する時には外部ネットワークと接続する必要が出てきます。
つまり通知機能が利用する外部ネットワークに接続できる環境がmdm管理をする時には必要になってくるのです。
気になるmdmの価格ですが、mdmのメーカーによって価格設定は異なります。ただ管理するモバイルデバイスあたり数百円から利用できるmdmがほとんどなのでそれほど費用はかかりません。しかし導入コストは高くつくのでmdmサービスを採用する時には慎重に決めなければならないでしょう。
mdm

1台からでもmdm

mdmによる社用端末の一括管理。こう聞くと、ウチみたいな中小零細には関係ない。などとも感じてしまうかもしれない。確かに、一括管理の大きなメリットは分母が大きければ大きい程効果は高くなる。数台しか使ってない、営業は1人しかいない、そんな環境であれば、持ち帰った携帯端末の情報はPCに吸い上げて終了。ではあるが、逆に言えば扱う人間が少ない程、1人で扱う情報量は多くなる。取引先が大企業や行政という事もあるだろう。そんな大切なお客様の「情報」をうっかり置き忘れたなんて事になると最悪の場合は重篤な情報漏洩「事件」となり社が消し飛ぶかもしれない。「社用」の車が1台あったとして、たったの1台だし、注意して運転すれば事故ったりしない。任意保険は入らなくていい・・・なんて事は無いだろう。端末の運用にmdmの導入はそれと同じくらい「常識」となっている。ネットワークに繋がったPCにウイルス対策が常識、必須であるのと同じで、1台でも端末を使用するなら相応の備えは避けて通れない。むしろ中小零細であればこそ、個人情報の扱いには細心の注意を払う必要がある。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

Mdmってどれ選べばいいの?

みなさまこんにちは。Mdmってどういうの選べばいいの?これってすごく難しい。すごく複雑だし、どれも似たような感じもしますしね。私の場合は、mdmと検索して上位のmdmメーカーから選択しました。
基本的には検索順位上位のmdmからあく選ぶことをお勧めします。何故なら、検索順位を上げるのに必要なことに関する知識もしっかり持っているので、いろいろなことに気が回っている企業だということだからです。しかし、mdmメーカーで業界No1とかいうメーカーが何社かあることです。。。実際どこが一番なのかわかりませんよね。
こういうのは無視していいと思いますが、ちょっときになることは確かです。
私としては、消費者にとって必要な情報をちゃんと送ってあげればいいのになーと思います。
今後スマホを企業で使う上でmdmは避けては通れぬほどのキーワードです。そしてmdmを使っているユーザーはmdmがなんなのかわかっていない人が大半です。そういうことを親切に伝えて上げる事柄始めるべきなのではと思います。
mdmとは

SFAを違う表現で

SalesforceのSFA、そしてCRMを提供しているという沖縄の会社のホームページで、面白い表現を見つけてしまいました。面白い・・という良い方は的確ではありませんね、よく思いつきましたね!と言うべきでしょうか。

SFAとは、Sales Force Automation、SはSales、FはForce、AはAutomationの略で、営業プロセスや進捗状況を管理でき、営業活動を効率化も可能にしたツール、簡単に言うと営業支援ツールのことです。それをSはShare(共有)、FはFind(発見)、そしてAをAct(活動)に置き換えて説明されていたんです。

これで説明していくと、Sは顧客にどのように働きかけたのか、その成果は?その全てのデータがグループ内で共有されることになる。そしてFは、共有しているデータから次の商機を探り出し、どのような働きかけが有効で、課題がどこにあるのかを発見する。Aはこれらをもとに効率的、効果的な営業活動を実行し、売り上げアップを狙うということ。分かりやすい置き換えでしょ?^^

法人スマホを買う時ってどこのメーカーからなの?

みなさんこんにちは。ずっと疑問に思ってたんですけど、法人スマホってどこのキャリアから仕入れているのでしょうか?よく聞いたことあるのが、docomo、au、ソフトバンクの3社ですよね!
この中のどこかのキャリアを使って、法人スマホを持っている企業は多いはずです。実際に私の会社でもこの3社のどれかを選んで法人スマホを使っています。しかし、法人スマホに違いなんてあるのでしょうか?私はあまりないように思います。その中で大事だと思うことは、法人スマホと一緒に導入するmdmなのでは?と思います!
私は法人スマホを使っている上で大きな違いは中に入っている管理ソフトな気がします。そのソフトによって使っている私たちのようなユーザーもできることが多少違うからです。例えば、mdmによってはラインのようなコミュニケーションしたりできます。できることが違くなってくるならmdmを基準にして選んでも良いのではないでしょうか?MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

全体での情報共有じゃないと意味がない?

sfa システムを導入し、さぁ!営業もこれでより効率化ができるぞ、と意気込んでみたものの、あれれ?ということがよく起きてしまう。。これってよくあることなんだそうですよ。

導入した範囲に問題があるそうで、SFAといった営業支援ツールはある一部の部署だけが使ってもあまり意味が無いそうなんです。営業部署にその多くは導入されるものですが、この部署だけ使っていても他の部署がそれを使わなければ、いくら情報の共有化と言ってみたところで、それは部署内だけの共有化で終わってしまっているんです。

営業部署だけでなく、コールセンターやマーケティングの部署など横のつながりのあるところ全てが情報共有されていないと、例えばコールセンターに寄せられた顧客の生の声が営業部署には届かないんですね。顧客の生の声は、新製品の開発や商品の改善に役立つものはありません。それをみすみす逃しているのは勿体無いですよね。マーケティングにしても、的外れの調査、分析をしてしまっては意味がありません。SFAとは会社一丸となって活用すべきツールなんですね。

なにもかもがスピーディに

世の中の移り変わり、人々が魅力的!と感じるものの変化も時代とともにスピーディになってきている今、ビジネスにおいてもやはりそれは同じことのようです。と言うか、ビジネスの世界だからこそこの勢いにしがみつくのではなくて先を行くアプローチをしていないと、ライバル企業に差を空けられてしまいます。

そこで導入が進んでいるのがSFAなんですね。SFAでは新規顧客の獲得を目的とした機能が詰め込まれていますが、営業効率のアップとしての有効性も備えているんです。それぞれの営業マンが商談などで得た情報をリアルタイムで入力。それを社内で同僚、上司が確認でき、もし修正すべき点やアドバイスがあればすぐに伝えることが可能となります。営業におけるロスタイムも減らすことができるんです。

また、スケジュールを管理しているグループウェアなどとも連携ができるので、同じことを何度も入力する手間も減ることになります。スピード感、そして利便性においてもSFAは注目されているんですね。